847円 湧永製薬 [皮膚薬 ぢ関連] レックH軟膏 【第2類医薬品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 痔の薬 第二類医薬品 レックH軟膏,uptaazanews.com,【第2類医薬品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 痔の薬 , 第二類医薬品,/geographical1780929.html,ぢ関連],湧永製薬,847円,[皮膚薬 湧永製薬 皮膚薬 ぢ関連 税込 レックH軟膏 第2類医薬品 湧永製薬 皮膚薬 ぢ関連 税込 レックH軟膏 第2類医薬品 847円 湧永製薬 [皮膚薬 ぢ関連] レックH軟膏 【第2類医薬品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 痔の薬 第二類医薬品 レックH軟膏,uptaazanews.com,【第2類医薬品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 痔の薬 , 第二類医薬品,/geographical1780929.html,ぢ関連],湧永製薬,847円,[皮膚薬

湧永製薬 皮膚薬 ぢ関連 税込 サービス レックH軟膏 第2類医薬品

湧永製薬 [皮膚薬 ぢ関連] レックH軟膏 【第2類医薬品】

847円

湧永製薬 [皮膚薬 ぢ関連] レックH軟膏 【第2類医薬品】



■第二類医薬品
●メーカー 湧永製薬
●薬効分類 痔疾用軟膏
●剤形 軟膏剤・クリーム
●内容量 15g
●広告文責 あずま薬局 薬剤師:東 一郎
●使用上の注意 使用上の注意をよく読んだ上でそれに従い適切に使用すること
●お問い合わせ 06-6709-3528
rakuten@kusurinet.co.jp



レックH軟膏は7種類の有効成分の配合により、痔にともなう痛み・かゆみ・はれ・出血・ただれなどの症状にすぐれた効果を発揮します。

●してはいけないこと。
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人



●相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
〔関係部位〕 皮ふ 〔症  状〕 発疹・発赤、かゆみ、はれ
〔関係部位〕 その他〔症  状〕 刺激感
 (2)10日間位使用しても症状がよくならない場合

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血・ただれの緩和及び消毒。

適量をとり、肛門部に塗布して下さい。なお、1日3回まで使用できます。
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(2)肛門部にのみ使用して下さい。

〔成 分〕 リドカイン
〔分量(1g中)〕 30mg
〔はたらき〕 患部の痛み・かゆみをしずめます。

〔成 分〕 酸化亜鉛
〔分量(1g中)〕 200mg
〔はたらき〕 患部の炎症をおさえ、保護します。

〔成 分〕 塩酸クロルヘキシジン
〔分量(1g中)〕 2.5mg
〔はたらき〕 細菌による感染を防ぎます。

〔成 分〕 アラントイン
〔分量(1g中)〕 10mg
〔はたらき〕 傷口の治りを早め、痔の症状をしずめます。

〔成 分〕 グリチルレチン酸
〔分量(1g中)〕 10mg
〔はたらき〕 患部の炎症をおさえます。

〔成 分〕 酢酸トコフェロール
〔分量(1g中)〕 10mg
〔はたらき〕 末梢の血行をよくし、患部のはれ・痛みなどの症状をしずめます。

〔成 分〕 l-メントール
〔分量(1g中)〕 2mg
〔はたらき〕 患部に清涼感を与え、かゆみをしずめます。

添加物として、無水ケイ酸、グリセリン脂肪酸エステル、ゲル化炭化水素を含有します。

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
  (誤用の原因になったり、品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

本剤についてのお問い合わせは、お買い求めの販売店又は下記までご連絡をいただきますようお願い申し上げます。
●湧永製薬株式会社 東京支社 お客様相談室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目5-1
TEL:03-3293-3363 ダイヤルイン
受付時間:9:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日を除く)
製造販売元 湧永製薬株式会社
本社:大阪市淀川区宮原4丁目5-36

湧永製薬 [皮膚薬 ぢ関連] レックH軟膏 【第2類医薬品】

「機能性表示食品」の制度が導入されてから

身近な健康食品にも様々な機能性=効果が表示されるようになりました。

CRO(Contract Research Organization)とは、

主に医薬品の臨床試験を受託することを意味しているのですが

これからは医薬品に限らず健康食品や化粧品においても、

ハイレベルなヒト試験(臨床試験)が求められることでしょう。

弊社は、“大学発” ベンチャーとしての強みを活かし、

九州大学および近畿大学など大学との連携のもと

最高峰のヒト試験(臨床試験)実施体制を整えています。

その実績と信頼、そして高コストパフォーマンスにより

食品素材および化粧品素材に大いなる新たな可能性を見いだし、

健康・美容業界に貢献するとともに

“食品CRO” 日本一を目指して尽力してまいります。

ユーザーライフサイエンス Webサイトの活用方法!
タイトルとURLをコピーしました